前へ
次へ

交通事故トラブルを弁護士に相談しました

先月思わぬ交通事故に遭いました。
信号待ちをしていたところ、後ろから追突されてしまったのです。
これまでずっと安全運転を心がけ無事故無違反だった私にとって、この事故は思いがけないものでした。
まさか私が交通事故の被害者になってしまうなんて思いもしませんでした。
とても大きな事故で私自身も怪我をしてしまうほどでした。
また、車もこれまでのように乗れる状態ではありません。
交通事故にあったときは頭が真っ白になってしまい、加害者とうまく話し合いをすることができなかったことを後悔しました。
そこで私が頼ったのが弁護士です。
交通事故トラブルに強い弁護士の力を借りて加害者に妥当な賠償額を支払ってもらうことにしました。
自分一人では、専門的な知識を持ち合わせていないため、どんなに時間をかけても正しい解決法で話し合いを進めることはできなかったと思います。
しかし、弁護士の力を借りたことでスムーズに話がまとまり、慰謝料や治療費を支払ってもらうことができたので感謝しています。

Page Top