前へ
次へ

単独での交通事故の時に必要な知識

交通事故には相手がいる事故と相手がいない単独事故が存在しますが、単独事故の時にドライバーがすべき事があります。
単独事故はガードレールや電柱等に単独で衝突した時や自宅の駐車場に駐車している最中に自宅に衝突したりしてしまったパターンが該当してきますが、パターンに該当する条件としてドライバー自身のミスで事故が発生した事と他者や他者の所有物を事故に巻き込んでいない事が重要になってきます。
先ず単独で交通事故を起こした場合は、ドライバー本人の健康状態が大丈夫なのかを自分自身でチェックする事が大切です。
衝突する時のスピードによっては、怪我をしてしまう可能性もありますから気を付ける必要があります。
大きな怪我をしていない場合は、早急に警察に連絡する事が大切であり、仮にガードレールを少し擦ってしまった程度でも警察に連絡するのが、義務になってきます。
単独事故の場合は、違反点数等を気にする必要がありませんし、車を修理する時に保険を利用する場合は、交通事故証明書が必要になるので、警察にしっかり連絡した方が安心です。

Page Top