前へ
次へ

交通事故を起こした時の対処方法

自動車やバイク等を運転する方は交通事故を起こしてしまうリスクが誰にでもあります。
実際の交通事故を起こしてしまった時に焦らずに冷静に対処するには、起こしてしまった時の対処方法を知っていると便利です。
事故にも種類が存在しますが、対人事故の場合は被害者を早急に救護する必要があり、救急車の手配をする事が大切です。
仮に被害者の方に意識が無い場合は、人工呼吸や心臓マッサージ等の応急措置を行う必要も出てきます。
被害者の方の安全を守る為にも、安全な場所に移動する事も忘れてはいけませんし、車等を動かせない時はハザードランプの点灯等で、他の車に分かるように配慮する事が重要です。
安全が確保できた後に警察に連絡するのを忘れてはいけません。
事故は対人だけでなく単独事故等でも警察に届け出るのが義務ですから、しっかり自ら連絡する様にした方がいいです。
事故で保険を使用する時に事故証明書が必要になってきますが、事故証明書の発行には警察への届け出が必要になります。

Page Top